インターンを終えて

ども。のぎです。


先日、約5ヶ月間お世話になった株式会社エフライフでのインターンを卒業しました。


前回の「インターンを通して学んだこと」という、そのころ抱えていたもやもやについて書いた、負のオーラただよう記事から更新をストップしてしまっていましたが、あのときよりも今はスッキリしています!
むしろ、あの記事を書いた次の日からインターン卒業までの残りの期間が充実しすぎていて、つい更新するのを忘れていました(笑)
そのくらい充実した最後を過ごすことができていました!

今日はエフライフでのインターンを終えて、今の心境を書いていきたいと思います。

インターンでなにやったの?


まず、インターンでなにやってきたのか簡単におさらいから。

のぎがお世話になっていた株式会社エフライフは福島県郡山市にある会社です。

fukunomoという福島の日本酒を全国の会員に毎月届けるネット通販サービスと
SHOKU SHOKU FUKUSHIMAという地域の食と職に焦点を当てたスナックの運営を行っています。

のぎはインターンの間、
fukunomoでは
・webサイトの運営
・webマーケティング業務

SHOKU SHOKU FUKUSHIMAでは
・飲食店立ち上げ準備
・クラウドファンディングページ作成

などをお手伝いさせてもらっていました。

この他にも、エフライフの自社サイトを作ったり、都内や福島県内で開催されたイベントの運営なども行い、本当にいろんなことをさせてもらいました。

学び


約5ヶ月間福島で暮し、働く中で学んだことはたくさんありますが、仕事を通して学んだことと、生活を通して自分自身について学んだことについてそれぞれ書きたいなと。

まず、仕事を通して学んだことは
福島はおもしろい!
ということです。

正確に言うと、福島の資源や働く人がみんな魅力的で、地域としておもしろいという感じです。
fukunomoもSHOKU SHOKUも食べ物に関わる仕事なので、主に食材の作り手さんや彼らの扱う食材とたくさん触れてきたのですが、食べるものはみんな美味しいし、作っている人はみんなかっこいいしというのが一番の感想です。
作り手さんの話を聞いているときはいつも彼らの仕事に対する熱意、誇り、愛情をひしひしと感じ、プロとは何かというものを教えてもらいました。

またイベントを開くと、地元の人たちが駆けつけてくれるのですが、その人たちもまた自分の仕事に対する熱意であったり、地元福島への愛が溢れていて、これまたかっこいいなと感じるわけなのです。

これだけかっこいい人たちがこんなにいる福島すげーって思ったし、大きな学びとなり、もっとたくさんの人にも知ってほしいと感じました。


そして、もう1つの自分自身への学びですが、それは自分の弱みとそれへの向き合い方です。
自分の弱みは前回の記事ではコミュニケーションが苦手と書きました。
しかし、そのあとで、
そうじゃなくて自分勝手なところこそが弱いところだと気づきました。

苦手だと思っていたコミュニケーションも、本当は自分のことしか考えていない独りよがりのコミュニケーションだったために、うまくいかない、苦手だと感じていたようです。

そして、その自分勝手なところへの向き合い方は、周囲の人への感謝を欠かさないことだと教えてもらいました。

のぎの自分勝手なところというのは、自分の成長しか考えられないところです。
今回のインターンの途中まで(てか、最後の1週間まで)は、休学して、地方にきてインターンを選択したんだから、なんとしてでも成長してやろうと意気込み、何事も経験だから頑張ろう、少しでも吸収しようと取り組んでいました。
ところが、終わりが近づくと果たして成長できたのか、自分は何が身についたんだと焦りが生まれ、どんどん自分のための成長にしか目がいかなくなっていました。

そうしたときに、そんな自分のできていないところを支えてくれていた周りの人に気づかなくなって、自分中心で偉そうな発言をしてしまっていました。
こうなってしまったのは就活に対する不安や、いままでと異なる環境によるストレス、自分の性格などにより、焦りが生まれて心の余裕がなくなっていたからだと思います。

でも、一番欠けていたのはできない自分を支えてくれていた人への配慮、感謝の気持ちでした。
なんでも1人でやってやろう、できなきゃいけないのではなくて、実際は自分1人には限界があるし、周りの人の支えも借りながらでもいいんだ、そのぶん周りの人に感謝を欠かさない。
そのことに、ラスト1週間で気づかせてもらいました。

まだまだ未熟だけど、今は支えてくれる人にありがとうと言える人でいたいなと思っています。


これから


食にかかわる仕事がしたい!食を通して人をつなげたい!
その想いで福島に来たわけですが、今の心境は来た当初と少し違います。

というのも、福島に来て素敵な農家さんやシェフの方と出逢い、その道のプロの方と過ごさせてもらうと
自分は果たしてそれだけの熱量が出せるのだろうか。この人たちと同じ土俵に立ちたいのだろうか。
そう思うようになりました。

それよりも、こういう人達がいるということを発信したいという想いが今は大きいです。
だからこそ、食を通して人がつながる場所には今でも興味があります。

しかし、それも今は少し違って。
「WHYから始める」という記事でも書いたのですが、もっと根源的には平等を目指したいなとうっすらと感じている自分がいます。
でも、平等なのかと言われるとそれも少し違う気がして。自分の中でぼんやりとはあるのですが、まだ言語化できていない気がします。

そんなこんなで、食を通して人をつなげたい!という想いは変わらずありますが、
それはやりたいことの一つなのかもしれないなというのが今の感覚です。

さて、これから半年は海外をぶらぶら回るつもりです。
これは何となく前からしてみたかったからしてみるのですが、行ったことのない場所、見たことのない景色を見てどう感じるのか。
それを踏まえて、自分はどうありたいのか。

そんなことを考えていきたいな~と思うのであります。

最近は何をしたいかよりもどうありたいのかをまずは考えようと思いながら、いったいどうなんだろうと悩んだり(笑)
就活もどうしようか、、、

まあ、そんな感じでこれからもぼちぼち過ごしていきます~


最後の方はぼんやりしてますが、ひとまず休学生活前半は終了!
福島で貴重な経験をさせてもらいました!お世話になった皆さま、本当にありがとうございました!


この記事へのコメント